玉入れ必勝法

玉入れ必勝法について

運動会に参加するからには勝ちたいですよね。

しかしがむしゃらにやっても勝てないのが現実です。

そこで、様々な競技の必勝法を考えました。

戦略を立てて、優勝を目指して頑張ってください。


                                             管理人

玉入れ必勝法

運動会の玉入れは案外難しく、狙いを定めても中々カゴに入
りません。


玉入れは、むやみやたらと玉を放り投げても遠心力があるた
めにカゴを跨いで向こうに落ちるのが殆どです。


コントロールではなく、カゴにしっかりと入るような投げ方
をするのが最も大切になります。手首を使ったり肩を使った
投げ方は力が強すぎてこれも玉入れには向いていません。


玉入れは力でもコントロールでもなく、確実に自分の背丈よ
り高いカゴに一つでも多く入れることが大切になります。


その為には、上からでなく下から上に玉をカゴに沿って投げ
るのが一番理にかなっているのです。


両手にしっかりと入るだけの玉を、水をすくうように下から
纏めて投げ入れるか、バスケットのフリースローのようなス
タイルで玉を纏めてカゴに狙う方法が有効です。


どちらとも、自分の手のひらに収まるだけの玉をしっかり持
ちます。


やや三角になるように握ると玉が逃げにくくなるので、ダン
トツに確率は上がっていきますよ。


結局勝負は、玉入れのカゴの周辺2mでほとんど決まるとい
っても良いと思います。もし本気で勝とうと思ったら、カゴ
の周りに運動神経の良い人を配置し、その周りの人は球拾い
をし投げる人に球を渡せば勝つ確率はグンと上がります。


でも、小学生の場合みんな球を投げたいでしょうから作戦的
には厳しいかもしれませんね。


玉入れは、早さを競う競技ではなく確実に玉をカゴに沢山入
れる事を競うものですから、一個でも確実に多くするには纏
めてピンポイントで投げるのが間違いないですね。


ほとんどの運動会では玉入れは1分間という短い時間ですか
ら焦ってしまいがちですが、冷静にやりましょう。


スポンサード リンク